仮想通貨

取引所バイナンスのセービングとは?5つのメリット【活用すべき】

2022年1月15日

この記事に向いてる人

  • バイナンスで仮想通貨を運用したい
  • セービングについて詳しく知りたい
  • 仮想通貨をガチホしている
  • セービング、ステーキングとかよくわからない

本記事の信頼性

ぼくは、実際に「バイナンス」で仮想通貨をセービングしているので、そのやり方や使っている感想について説明します。

まずはセービングについて説明します。

セービングとは?

セービングとは、仮想通貨を預けることで利息収入をもらえる仕組みです。

銀行預金の仮想通貨バージョンだと思ってもらえるといいです。

セービングには、フレキシブルセービングロックセービングの2種類があります。

ロックセービングは、仮想通貨があらかじめ決められた期間ロックされます。

フレキシブルセービングが普通預金であるのに対して、ロックセービングは定期預金です。

ロックセービングはロックされているといっても、いつでも引き出すことが可能です。

ただし途中で引き出せば、利息はつきません。

一方、フレキシブルセービングはいつでも引き出すことができます。

また、引き出すまでの利息ももらえます。

ステーキングとの違い

セービングと似たものにステーキングというものがあります。

セービングが銀行預金であるのに対して、ステーキングは配当金のイメージです。

ステーキングは下記記事で詳しく解説しています。

セービングもステーキングも、預けた仮想通貨に対して利息がもらえるという点は同じです。

なので、あまり違いについては気にしないで良いです。

続いてセービングのメリットについて説明します。

メリット

メリットについては、以下の5つです。

  • 利息がもらえる
  • 元本保証
  • すぐに引き出せる
  • 自動で預けてくれる
  • ビットコインも預けられる

順番に解説します。

利息がもらえる

ただ仮想通貨を保有しているだけなら、お金は増えません。

しかし、すでに説明しましたが、セービングすると利息がもらえます。

預けられるのに預けないというのは、損ですよね。

元本保証

セービングは元本保証です。

ただバイナンスが倒産すれば、帰ってこない可能があります。

しかし、バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所であるので、いきなり倒産するというのは考えにくいです。

元本保証なので、セービングでは預けた仮想通貨の数量は減りません。

しかし、仮想通貨自体の価値が下がることは当然ながらあります。

すぐに引き出せる

フレキシブルセービング限定ですが、預けた仮想通貨をすぐに引き出すことができます。

仮想通貨を使いたいと思ったときに、すぐに使えることは機会損失を防ぐことにもつながります。

たとえば、預けていた仮想通貨が急に値上がりして今すぐに売りたいというときです。

ロックセービングやステーキングでは引き出すまで時間がかかるので、すぐ売ることができません。

一方、フレキシブルセービングは利息をもらっていても、すぐに引き出して売ることが可能です。

このように、フレキシブルセービングの「すぐに引き出せる点」は大きなメリットです。

自動で預けてくれる

フレキシブルセービングでは、自動で預けてくれる機能があります。

下画像の自動更新をオンにするだけです。

オンにしているだけで、自分がバイナンス内で保有していれば自動で預けることができます。

手間がかからないので嬉しいです。

ビットコインも預けられる

セービングでは、仮想通貨の中で1番有名なビットコインも運用することができます。

やはりビットコインを持ってる人は多いと思います。

こうわ

ぼくもちゃんと保有しています。

年利3%で運用できる「ビットコインのセービング」については、こちらで詳しく解説しています。

以上が5つのメリットでした。

一方デメリットはないのでしょうか?

解説していきます。

デメリット

  • 最低数量が指定
  • 金利が低い

順に解説していきます。

最低数量が指定

セービングでは、最低数量が指定されていることがあります。

保有している仮想通貨の数量が少ないと、セービングできないことがあります。

たとえばビットコインだったら最低数量は0.001BTCです。
現在(2022/1)、0.001BTC=約5000円です。

このように、最低数量が指定されている場合があります。

金利が低い

フレキシブルセービングは、ステーキングなどに比べると金利が低くなってしまいます。

なぜなら、「ステーキングは引き出すまで少し時間がかかる」というマイナス面があるからです。

マイナス面がない分、フレキシブルセービングの金利は少し低くなります。

銀行でも定期預金の方が、金利は高くなるので仕方がないです。

最近はあまり変わりませんが。。

ここまで読んで「セービングをしてみたい」という方に、セービングの手順について解説していきます。

セービング手順

セービングの手順は以下の通りです。

  1. 国内取引所で仮想通貨購入
  2. 仮想通貨をバイナンスへ送金
  3. バイナンスで欲しいコインに交換
  4. セービング設定

1〜3は別記事で詳しく解説しています。

4.セービング設定

バイナンスアプリを開きます(ウェブでも大丈夫です)

「もっと表示」をクリック。

稼ぐの欄から、「貯蓄」をクリック

※日本語だとセービングという名前になっていないので注意

フレキシブル、ロックセービングから「自分のセービングしたい仮想通貨」を選択


定期登録すれば完了です。

おつかれさまでした。

まとめ

バイナンスのセービングについて解説しました。

セービングにはデメリットもあります。

しかし、メリットの方が圧倒的に多いと感じます。

なので、もし自分の持っている仮想通貨がセービング可能であれば、ぜひやってみてください。

まだバイナンスの口座開設を行っていない方は、下から登録することができます。

バイナンス登録に進む

仮想通貨を運用していきたい方は、バイナンスの口座開設は必須となります。

合わせて読みたい

海外取引所バイナンスがおすすめな理由とは?仮想通貨取引するならバイナンスを利用しよう!

【仮想通貨】ステーキングとは?バイナンスでの定期、DeFiステーキングについて解説

  • この記事を書いた人

こうわ

お金の心配をなくして会社・学校から解放されるための知識を発信|旧帝理系→ブラック研究室→休学中|ブログ120記事以上|20歳から投資開始|ほったらかし投資で利益20万円越え|金融やお金に関する本を年間100冊以上読破。

-仮想通貨
-, , , , , , , ,