仮想通貨

【仮想通貨】流動性提供(ファーミング)とは?やり方解説

2022年1月19日

この記事に向いている人
  • 仮想通貨でよく聞く流動性ってなに?
  • 流動性ファーミングがわからない
  • どうやって流動性を提供するの?

こんにちは、Kowaです。

本記事では、上記の悩みを解決していきます。

まず、「流動性」はあまり聞きなれない言葉だと思うので、「流動性」から説明していきます。

流動性提供とは?

仮想通貨では、取引所にコインがあることで、売買することが可能になります。

容易に売買ができることを「流動性が高い」といいます。

一方、あるコインを売りたいと思っても、誰も欲しがる人がいなければ売ることができません。

この状態は「流動性が低い」と言えます。

そこで、コインを保有している人が、コインを預けることで売買ができなくなることを防ぎます。

特に、 DeFi(分散型金融)では流動性を提供している人がいないと、取引所として機能しなくなってしまいます。

なぜなら、DeFiには管理者がおらず、プログラムだけで取引が成立するからです。

コインを預けて流動性を高めることを「流動性を提供する」と言います。

では、流動性はどうやって提供するのでしょうか?

流動性提供の仕方

主に以下の2つで「流動性を提供」することが可能です。

  • バイナンス
  • DeFi

それぞれ解説します。

バイナンス

バイナンスの流動性ファーミングという機能を使用します。

流動性ファーミングは2つのコインを一緒に預けることで、流動性を提供します。

報酬として、利息を受け取ることができます。

流動性ファーミングについて話すと長くなってしまうので、詳しく解説しているこちらをご覧ください。

DeFi

DeFi(分散型金融)でも流動性の提供ができます。

簡単で使いやすいパンケーキスワップをDeFiの例とします。

パンケーキスワップでは、2つのコインを預けることで、LPトークンというものがもらえます。

LPは、Liquidity Provider(流動性提供者)の略です。

LPトークンは、 流動性提供者の証明に用いられます。

受け取ったLPトークンを預けることで、報酬として仮想通貨CAKEをもらうことができます。

一回LPトークンを挟むため紛らわしいですが、バイナンスの流動性ファーミングとやっていることは同じです。

仮想通貨CAKEについては下記記事で詳しく説明しています。

※DeFiはリスクが高いので、十分に気をつけて行いましょう。

まとめ

流動性の提供について説明しました。

「流動性の提供」とは、簡単に仮想通貨の売買ができるように、自分の保有している仮想通貨を預けることでした。

主に流動性の提供ができるのは、以下の二つでした。

  • バイナンス
  • DeFi

バイナンスにまだ登録していない方はこちらから登録できます。

この記事から登録することで、取引手数料が10%還元される特典がもらえます。


ー著者紹介ー
Kowa
~経歴~
愛知県生まれ
高校生のときにスノーボードにハマり、大学進学時に北海道へ移住
大学生の頃に、学生生活の多くをアルバイトに費やすこと、サラリーマンとして約40年以上会社で働く将来に疑問を感じる。
そのため、FX,米国個別株投資,投資信託,物販,仮想通貨投資など、さまざまなことに挑む。
少額ながら、株式と仮想通貨で数十万円の利益を得る。
また、金融やお金に関する本など、年間100冊以上読破。
その経験を活かし、ブログで発信している。

  • この記事を書いた人

こうわ

お金の心配をなくして会社・学校から解放されるための知識を発信|旧帝理系→ブラック研究室→休学中|ブログ120記事以上|20歳から投資開始|ほったらかし投資で利益20万円越え|金融やお金に関する本を年間100冊以上読破。

-仮想通貨
-, , , , , , ,