コイン紹介 仮想通貨

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)の特徴と投資するメリット4選

2021年11月26日

悩む人

バイナンスコイン(BNB)ってなに?

投資するメリットはあるの?

どうやって買うの?

これらの悩みに答えます。

本記事の信頼性

BNBはぼくも保有している仮想通貨の一つで、その将来性に期待しています。

本記事の前半では、バイナンスコイン(BNB)の特徴やメリットについて、後半ではBNBの買い方を解説していくので、ぜひじっくり読み込んでくださいね。

それではいきます。

バイナンスコインとは

バイナンスコインとは

バイナンスコインとは、海外の仮想通貨取引所バイナンスが発行しているコインです。

バイナンスとは世界で最も使用されている仮想通貨取引所です。

良くも悪くも価格はバイナンスの影響をもろに受けます。

なので、バイナンスが発展すれば、価格はどんどん伸びていくことが想像できます。

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)がおすすめな5つの理由

バイナンスコインの特徴

バイナンスコインは、日本だと取引できないので知名度は少し劣ります。    

しかし、時価総額はビットコイン、イーサリアムの次です。

全仮想通貨のなかで3位に位置しています。

また、バーンといって、バイナンスコインは総量を減らしています。

いま全数量は2億枚ですが、半分の1億枚になる予定です。

量が減れば、希少性が高まりますよね。

バイナンスコインの機能・メリット

主な機能・メリットは以下の通りです。

  • バイナンスでの手数料が安くなる
  • バイナンススマートチェーン(BSC)上のDeFiで使用する
  • バイナンスのイベントに参加できる
  • ステーキングできる

順番にみていきます。

バイナンスでの手数料が安くなる

バイナンスでの手数料が安くなる

バイナンスは取引時に通常0.1%の手数料がかかります。

バイナンスコインがあれば、0.05~0.075%になります。

「なんだ、たった0.05%か」と思うかもしれません。

しかし、大金の取引をする人にとっては大きな違いになります。

そのため、大口投資家が保有するので、価格が下がりにくいです

バイナンススマートチェーン(BSC)上のDeFiで使用する

BSCとは、バイナンス独自のブロックチェーンDeFiとは、簡単にいうと、管理者がいない銀行のようなものです。

銀行員の給料を払ったりする必要がない分、高い金利でお金を貸し借りすることができます。

代表的なDeFiにはイーサリアム上BSCの2つがあります。

イーサリアムはより安全なのですが、ガス代(手数料)がめちゃくちゃ高いのがデメリットです。

そのため、BSCの利用者はすごく多いです。

DeFiの説明だけで、長くなってしまいました。。

BSC上のDeFiを使うためには、少額ですが手数料としてバイナンスコインが必要です。

なので、DeFiを利用する人が増えればバイナンスコインの価値は上がります。

バイナンスのイベントに参加できる

バイナンスでは、さまざまなイベントが開催されます。

代表的なものは、ローンチパッドと呼ばれる仮想通貨の新規上場です。

ローンチパッドは基本的にはバイナンスコインの保有量によって参加できます。

また、株と同様に新規上場では価値がほぼほぼ何十倍にもなります。

こうわ

僕も最近では、PORTOの新規上場で約35倍になって売却しました。

PORTOについて詳細はこちら

残念ながら、バイナンスコインをたくさん保有していなければ少額しか買えません。

しかし、少額でも参加しないのはすごく損だと思います。

僕はバイナンスコインを5万円分くらいしかもっていませんが、ローンチパッドに参加するたびに1000円くらい利益が出てます。

ちなみに、ローンチパッドはバイナンスコインを持っているだけで参加できます。

ステーキングができる

ステーキングとは、簡単に言うと、銀行預金のように預けているだけで金利がもらえます。

定期預金のように、期間を決めて預けることもできます。

期間を決めることをロックステーキングと呼びます。

ロックステーキングは、通常よりも金利が高くなります。

こうわ

ロックステーキングしても途中で引き出せますよ。

引き出しても金利分がなくなるだけで、元本は全部返ってきます!

現在、バイナンスコイン(BNB)をステーキングすると、年利5~8%がつきます。

銀行預金では考えられない数字ですよね。

バイナンスコイン買うには?

バイナンスコインは名前の通り、仮想通貨取引所「バイナンス」で購入することが可能です。

具体的には以下の手順です。

  1. 国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入
  2. バイナンスへ仮想通貨を送金
  3. 送金した仮想通貨でBNBを購入

それぞれ詳しく解説します。

国内取引所で仮想通貨を購入

引用:コインチェック公式

まずは、国内取引所で仮想通貨を購入する必要があります。

利用者数が多くて有名な「コインチェック」でのお得な買い方は、以下の記事で解説しています。

【コインチェック】ビットコインお得な買い方解説【板取引】

さらに、コインチェックでは9/30までに口座開設・入金すると、1,500円分のビットコインがもらえます

コインチェック

まだ、口座開設していない方はこの機会にしておきましょう。

10分以内でサクッと終わります。

コインチェック

予算の関係で突然キャンペーンが終了することもあるので、お早めに。

バイナンスへ仮想通貨を送金

国内の取引所で購入した仮想通貨をバイナンスへ送金します。

【仮想通貨送金】国内取引所コインチェックの送金やり方徹底解説

バイナンスでBNBを購入

送金したビットコインで、BNBを購入します。

【バイナンス購入手順】バイナンスでアルトコインを買う手順を紹介

キャンペーンを利用してお得にBNBを手に入れましょう。

まとめ

今回は、バイナンスコインについて解説しました。

取引所バイナンスの影響をもろに受けることが最大の特徴です。

  • バイナンスでの手数料が安くなる
  • バイナンススマートチェーン(BSC)上のDeFiで使用する
  • バイナンスのイベントに参加できる
  • ステーキングできる

以上の4点から、バイナンスコインのメリットをご紹介しました。

バイナンスは、すでに世界最大にも関わらず、新しいことにチャレンジし続けている取引所です。

今後も利用者が増えることが予想されます。

そのため、バイナンスコインの価値も上がっていくと僕は考えています。

まだバイナンスを登録していない方は↓
https://accounts.binance.com/ja/register?ref=M7L9824H

ここからの登録で、誰でも手数料10%還元されます。

ぜひ活用してみてください。

  • この記事を書いた人

こうわ

お金の心配をなくして会社・学校から解放されるための知識を発信|旧帝理系→ブラック研究室→休学中|ブログ120記事以上|20歳から投資開始|ほったらかし投資で利益20万円越え|金融やお金に関する本を年間100冊以上読破。

-コイン紹介, 仮想通貨
-, , , , , ,