ビットコイン 仮想通貨

本当に遅い?【仮想通貨】ビットコインの送金時間を徹底検証・解説

2022年1月22日

悩む人
  • ビットコインは送金時間が長くて使えないのでは?
  • 実際に送金時間はどれくらいかかる?

これらの疑問に答えていきます。

先日、日本で大人気のひろゆき氏からこんなツイートがされました。

ビットコインの決済確定にかかる平均時間は、直近で27分。

仮想通貨に精通してると自称してビットコインの決済時間を知らないなら嘘吐きですよね。
もしくは、人を騙そうとして誤魔化してるとかですかね?

ツイートは仮想通貨界隈で話題となりました。

そこで、頻繁にビットコインを送金しているぼくが、送金時間について解説していきます。

ビットコイン送金時間

結論からいうと、ぼくの場合では送金にかかる平均の時間は約7分となりました。

しかし、ビットコインの送金時間は日によって大きく変動します。

仮想通貨に注目が集まっているときなどは、取引している人が多くなります。
そのため送金にも時間がかかります。

3つのビットコイン送金事例

ぼくがビットコインを送金した3つの事例を紹介します。

いずれもGMOコインからバイナンス(BINANCE)へ送金しました。

GMOコインのおすすめ理由については、こちらで解説しています。

事例1.2021年12月1日

ビットコインの送金には7分かかりました。

具体的には、GMOコインで10:34にビットコインを送金。

GMOコイン送金履歴

バイナンスでは、10:41にビットコインを受け取りました。

12月1日はビットコインの価格が650万円ほどで取引量が多いです。

そのため、時間かかるかなと思いきや送金はすぐでした。

事例2.2022年1月1日

ビットコインの送金時間は8分でした。

10:04に購入、10:12にバイナンスで受け取りました。

事例3.2022年1月21日

事例3では、なんと5分で送金完了しました。

20:08に購入、バイナンスで20:13に受け取りです。

こうわ

はっや!

1月21日は仮想通貨全体の価格が落ちていて、仮想通貨への関心が薄れていたことが速さの原因です。

このように、 世間の関心が薄れれば送金時間は早くなります。

逆に、仮想通貨が世間で注目されているときは送金時間が数十分と遅くなることもあります。

ビットコインの送金時間の問題

「送金時間が日によって違い、数十分もかかっていたらビットコインは使い物にならない」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、ぼくはそうは思いません。

まず銀行の送金を考えてみてください。

基本的に営業時間外の土日に送金はできません。

また、海外への送金となると手数料も時間もかかってしまいます。

一方、仮想通貨はどうでしょうか。

24時間、365日世界のどこへでも数分から数十分程度で送ることができます。

こうわ

すごく便利だと考えています。

下記記事では、さらなるビットコインのおすすめ理由について解説しています。

まとめ

ビットコインの送金時間について解説しました。

ぼくの場合、ビットコインの送金時間は平均で7分となりました。

しかし、日にちによって大きく差が出ます。
すぐに送金したいときなどは注意しておきましょう。

24時間、365日世界のどこへでも数分から数十分程度で送れる。
これはビットコインの魅力的な点です。

ぜひビットコインを友達に送ってみましょう(笑)


ー著者紹介ー
Kowa
~経歴~
愛知県生まれ
高校生のときにスノーボードにハマり、大学進学時に北海道へ移住
大学生の頃に、学生生活の多くをアルバイトに費やすこと、サラリーマンとして約40年以上会社で働く将来に疑問を感じる。
そのため、FX,米国個別株投資,投資信託,物販,仮想通貨投資など、さまざまなことに挑む。
少額ながら、株式と仮想通貨で数十万円の利益を得る。
また、金融やお金に関する本など、年間100冊以上読破。
その経験を活かし、ブログで発信している。

  • この記事を書いた人

こうわ

お金の心配をなくして会社・学校から解放されるための知識を発信|旧帝理系→ブラック研究室→休学中|ブログ120記事以上|20歳から投資開始|ほったらかし投資で利益20万円越え|金融やお金に関する本を年間100冊以上読破。

-ビットコイン, 仮想通貨
-, , , , ,