NFT 仮想通貨

数千円で買える!Polygon(ポリゴン)でNFTを買う方法

2022年2月22日

悩む人
  • NFTって高くて買えないよね
  • すごくNFT欲しいけど安く買えない?
  • NFTの買い方を教えてほしい

これらの悩みに答えます。

本記事の信頼性

著者であるぼくも実際に数千円でNFTを購入し、Twitterのアイコンにしてるので信ぴょう性があると思います。

イケハヤさん(@IHayato)のVoicyの影響でついに"NFT"を買いました!

最低数万円すると思って諦めてたけど、数千円からでも買えるんですね👍
さっそくアイコンにしてます😊

ぼくもNFTを買うまでは、「最低でも数万円はするんでしょ?」と思って購入をためらっていました。

しかし、

NFTは数千円からでも買えるので安心してください。

今回は、仮想通貨ポリゴン(MATIC)を使って「opensea」でNFTを買う方法を解説します。

ポリゴンは本家イーサリアムと比べて、手数料が圧倒的に安いことが特徴です。

opensea参照

「opensea」で、イーサリアムのマークが紫色になっているものが「ポリゴンで購入可能」です。

NFTの買い方

まず流れは以下のようになります。

  1. 国内の取引所で仮想通貨を購入
  2. 購入した仮想通貨をバイナンスへ送金
  3. バイナンスで仮想通貨MATICを購入
  4. メタマスクでネットワークの追加
  5. 仮想通貨MATICをメタマスクへ送金
  6. 仮想通貨MATICをETHに交換
  7. メタマスクをOpenSeaと接続
  8. OpenSeaでほしいNFTを購入

少し長いですが、順番に行えば簡単です。

1.国内の取引所で仮想通貨を購入

まずは国内の取引所で仮想通貨を購入します。

BTCかETHのいずれかを買いましょう。

手数料などを考慮して、ほしいNFTの価格プラス1万円買っておくと安心です。

残った仮想通貨は日本円に戻すことも可能です。

下の記事を参考にどうぞ。

2.購入した仮想通貨をバイナンスへ送金

仮想通貨ポリゴン(MATIC)を手に入れるために、取引所バイナンスを利用します。
>バイナンス登録はこちら

仮想通貨MATICを買うために、1.で購入した仮想通貨をバイナンスへ送金します。

下の記事を参考にどうぞ。

3.バイナンスで仮想通貨MATICを購入

バイナンスで仮想通貨のトレードを行います。

手順は下の記事を参考にどうぞ。

≫【バイナンス購入手順】バイナンスでアルトコインを買う手順を紹介

上記事のBNBをMATICに変えることで完了です。

4.メタマスクでネットワークを追加

続いて、PC版のメタマスクを開きます。

メタマスクのダウンロードがまだの方は、「メタマスク(MetaMask)をChromeにダウンロードする方法解説」の記事を参考にどうぞ。

右上のネットワークを選択

「ネットワークの追加」をクリックします。

以下を入力します。

ネットワーク名:Matic Mainnet

新規PRC URL:https://polygon-rpc.com

チェーンID:137

通貨記号:MATIC

ブロックエスクプローラーのURL:https://polygonscan.com/

コピペでオッケーです。

「保存」して完了。

5.仮想通貨MATICをメタマスクへ送金

続いて購入したMATICを自分のメタマスクに移動させます。

バイナンスを開きます。

プロフィールから「ウォレットの概要」を選択します。

「出金」を選択。

①通貨を「MATIC」とします。

②アドレスに自分のメタマスクのアドレスを入力。

メタマスクのアドレスは、メタマスクアカウント名の下にあります。

③ネットワークは必ず「MATIC」を選択します。

出金額を選択して「出金」を押すと完了です。

出金は間違えるとお金がなくなる可能性があるので、慎重に行いましょう

6.仮想通貨MATICをETHに交換

QuickSwapを使って仮想通貨MATICをETHにトレードします。

QuickSwap公式:https://quickswap.exchange

まず、QuickSwapにメタマスクを接続します。

「connect to a wallet」をタップします。

接続できたことを確認できます。

「select a token」でETHを選択します。

このときにETHの追加を忘れずに行いましょう。

「⊕」を押すと追加できます。

すこしガス代(手数料)がかかるので、MAX交換してしまうのは怖いです。

MATICを少量残すようにしましょう。

7.メタマスクをOpenSeaと接続

メタマスクをOpenSeaに接続します。

Opensea公式:https://opensea.io/

詐欺サイトが表示される場合があるので、Google検索で探す場合は気をつけてください。

8.OpenSeaでほしいNFTを購入

ぼくは「Pixel Heroes X」というシリーズを購入しました。

ほしいNFTを見つけたら「Buy now」で購入します。

0.02ETHなので、約6000円で購入できました。

まとめ

今回は、仮想通貨ポリゴン(MATIC)でNFTを買う方法を解説しました。

ポリゴンでは数千円からNFTの購入が可能なので、初心者の方におすすめです。

NFTの購入手順は以下の流れでした。

  1. 国内の取引所で仮想通貨を購入
  2. 購入した仮想通貨をバイナンスへ送金
  3. バイナンスで仮想通貨MATICを購入
  4. メタマスクでネットワークの追加
  5. 仮想通貨MATICをメタマスクへ送金
  6. 仮想通貨MATICをETHに交換
  7. メタマスクをOpenSeaと接続
  8. OpenSeaでほしいNFTを購入

ぼくも数千円で実際に購入することができ、TwitterのアイコンをNFTにすることができました。

NFTが気になっている方は参考にしてみてください。

また、分からない点がありましたらTwitterか問い合わせからご連絡ください。

合わせて読みたい

【波乗りして稼ぐ】「NFT」が高いから買えない場合の対処法を解説

【web3.0】仮想通貨ENSに投資すべき4つの理由(イーサリアムネームサービス)


  • この記事を書いた人

こうわ

お金の心配をなくして会社・学校から解放されるための知識を発信|旧帝理系→ブラック研究室→休学中|ブログ120記事以上|20歳から投資開始|ほったらかし投資で利益20万円越え|金融やお金に関する本を年間100冊以上読破。

-NFT, 仮想通貨
-, , ,