DeFi 仮想通貨

SafePal Wallet入金方法・使い方を画像で徹底解説

2022年1月30日

悩む人
  • SafePal Walletの使い方を知りたい
  • SafePal Walletに仮想通貨を送りたい
  • DeFi,NFTを触ってみたい

本記事はこれらの人におすすめです。

本記事の信頼性


今回は、ぼくも使っている仮想通貨の個人ウォレット「SafePal Wallet」について解説していきます。

SafePal Walletは自分の仮想通貨を管理できたり、NFT,DeFiを扱うことができますよ。

前提として以下のことを終えておいてください。

SafePal Wallet入金方法

ではさっそく、SafePal Walletの入金方法について解説していきます。

  1. SafePal Walletを開く
  2. 受け取りたい仮想通貨を追加
  3. 受け取るアドレスを表示
  4. 送り先から出金の手続き

以下でそれぞれ解説していきます。

今回は例として、取引所バイナンスからSafePal Walletバイナンスコイン(BNB)を送ります。

1.SafePal Walletを開く

SafePal Wallet公式

SafePal Wallet はブラウザ版には対応していないため、アプリのダウンロードを行います。

2.受け取りたい仮想通貨を追加

SafePal Walletを開きます。

トップのページにもし自分の受け取りたい仮想通貨がない場合は、追加します。

今回は、BNBを受け取ります。

BNBは必ずBEP20を選ぶようにしましょう

BEP2、BEP20とはブロックチェーンの規格を表しています。

3.受け取るアドレスを表示

2.で追加するとトップ画面に表示されるようになります。

表示されたBNB(BEP20)を選択します。

「受け取る」を選択します。

受け取るための「アドレス」「QRコード」が表示されます。

QRコードはスマホとパソコンなど2つのデバイスを使う際に便利です。

今回は、スマホだけで行うので「アドレス」のコピーを行います。

4.送り先から出金の手続き

仮想通貨の送り先であるバイナンスを開きます。

バイナンス公式

画面下の「ウォレット」から「両替」を選択し、「出金」をクリックします。

仮想通貨一覧から自分の送りたいコイン(ここではBNB)を選択します。

ぼくはBNBを運用に回しているので少額しかありませんでした。。

1番上に先ほどコピーした「BNBの受け取りアドレス」を貼り付けます。

アドレスを間違えるとBNBが一生取り戻せなくなります。

絶対にアドレスは確認しましょう。

続いてネットワークに「BEP20」を選択します。

最後に送金したい金額を入力し、「出金」を押せば完了です。

※送金には、少額ですがネットワーク手数料(いわゆるガス代)がかかります。

SafePal Walletのほうに反映されたら完了です。

送金時間については、下の記事で検証を行っているので不安な方はどうぞ

SafePal Wallet機能

SafePal Walletでは、アプリからDeFiその他のサービスにアクセスすることができます。

たとえば、有名なDeFiであるパンケーキスワップへも簡単にアクセスできます。

ウォレットから直接DeFiにアクセスできるメリットとしては2つ挙げられます。

1.公式のサイトにアクセスできる
2.簡単にウォレットを接続できる

それぞれ簡単に説明します。

1.公式のサイトにアクセスできる

Google検索でも公式サイトにアクセスすることはできます。

しかし、検索上位によく似た詐欺サイトが表示されることがあります。

間違って詐欺サイトにアクセスし、ウォレットを接続してしまうと全額取られてしまうこともあり危険です。

その点、SafePal Walletから直接アクセスできれば安心ですね。

2.簡単にウォレットを接続できる

DeFiを利用するには、ウォレットを接続する必要があります。

そこで、SafePal Walletからアクセスすれば簡単に接続することが可能です。

接続の手順は以下の2つだけです。

1.「ウォレットを接続」をタップ

2.「SafePal」を選択

以上で完了です。

パンケーキスワップについてはさらに詳しく知りたい方は下の記事をどうぞ

まとめ

今回は、SafePal Wallet入金方法・使い方について説明しました。

入金の際は、絶対にアドレスを間違えないようにしましょう。

自分の大切なお金がなくなってしまいます。

また、SafePal Walletの機能としてアプリからDeFiその他のサービスにアクセスすることができました。

ウォレットから直接DeFiにアクセスできるメリットとしては以下の2つでした。

1.公式のサイトにアクセスできる
2.簡単にウォレットを接続できる

DeFi個人の仮想通貨ウォレットに興味を持った方は、ぜひSafePal Walletを使ってみましょう。

まだバイナンスに登録していない方はこちらからできます。

SafePal Walletや本格的に仮想通貨投資を行いたい方は、登録必須の取引所です。

無料で登録できるのですぐ登録してみましょう。

  • この記事を書いた人

こうわ

お金の心配をなくして会社・学校から解放されるための知識を発信|旧帝理系→ブラック研究室→休学中|ブログ120記事以上|20歳から投資開始|ほったらかし投資で利益20万円越え|金融やお金に関する本を年間100冊以上読破。

-DeFi, 仮想通貨
-, , , , ,