DeFi 仮想通貨

ハッキング対策?仮想通貨の個人ウォレットがおすすめな3つの理由

2022年1月27日

悩む人
  • 仮想通貨の個人ウォレットについて知りたい
  • 仮想通貨を取引所から移動させたい
  • 仮想通貨のハッキングが怖い

これらの悩みに答えます。

こんにちは、こうわです。

みなさんは仮想通貨の個人ウォレットを使っていますか?

個人ウォレットは多くのメリットがあります。

今回は、個人ウォレットのメリットデメリットついて解説していきます。

仮想通貨個人ウォレットがおすすめな理由

おすすめ理由は以下の3つです。

  • ハッキングリスクが少ない
  • DeFiが利用できる
  • NFTが買える

それぞれ解説していきます。

ハッキングリスクが少ない

仮想通貨でハッキングを一番恐れている方も多いのではないでしょうか。

個人ウォレットではハッキングのリスクが少なくなります。

なぜなら、個人ウォレットでは資金が少ないからです。

仮想通貨のハッキングは、コインチェックバイナンスなどの大手の取引所が狙われます。

当然ですが、資金をたくさん持っているからです。

また、ウォレットには2種類あります。

  • ホットウォレット
  • コールドウォレット

ホットウォレットはネットに接続されているものをいいます。

ホットウォレットでもハッキングの恐れはかなり少ないです。

代表的なものはMetaMask、SafePalです。

一方、コールドウォレットはネットに接続されていません。

紙に記録したものなどです。

ネットに接続されていないため、コールドウォレットではハッキングが不可能です。

コールドウォレットは以下の場合に活用しましょう。

しばらく仮想通貨を交換するつもりがなく、大金を仮想通貨で保有している

DeFiが利用できる

DeFiは、仮想通貨を取引所に預けたままでは利用できません。

DeFiを利用するには、個人ウォレットが必要となります。

ウォレットをDeFiに接続することで、簡単に利用できます。

代表的なDeFiであるPancakeSwapについて、下の記事で解説しています。

NFTが買える

NFT市場の1番大きいOpenSea」を利用するには個人ウォレットが必要です。

最近では、取引所でもNFTが買えるようになっています。

しかし、OpenSeaはNFTの種類が圧倒的に多いです。

そのため、「NFTを本格的に始めたい」「NFTを購入したい」という方は個人ウォレットが必須になります。

デメリット

続いて、個人ウォレットのデメリットについて説明します。

主なデメリットは2つです。

  • 日本円に交換しにくい
  • 全部の資金が把握しにくい

順に解説します。

日本円に交換しにくい

個人ウォレット内では仮想通貨同士を交換する機能はあります。

しかし、仮想通貨を日本円に交換することができません。

なので、短期で日本円に交換したいという方には不向きかもしれません。

日本円に交換したい際は、個人ウォレットからコインチェックなどの国内取引所へ送金することで交換可能です。

全部の資金が把握しにくい

個人ウォレットでDeFiを使う場合、資金が分散されるため把握が難しくなります。

※ハッキング対策で個人ウォレットを使う場合は問題ありません。

全体の資金が把握できないのはちょっと心配になりますよね。

しかし、解決策があります。

「DeBank」というプロジェクトを活用することです。

DeBankを使うとウォレット内の全資金を把握することが可能となります。

ぜひ活用してみてください。

まとめ

仮想通貨の個人ウォレットがおすすめ理由を3つ解説しました。

  • ハッキングリスクが少ない
  • DeFiが利用できる
  • NFTが買える

特に「ハッキングを恐れている方」「DeFiやNFTを購入したい方」にとって個人ウォレットはとてもおすすめです。


ー著者紹介ー
こうわ
~経歴~
愛知県生まれ
高校生のときにスノーボードにハマり、大学進学時に北海道へ移住
大学生の頃に、学生生活の多くをアルバイトに費やすこと、サラリーマンとして約40年以上会社で働く将来に疑問を感じる。
そのため、FX,米国個別株投資,投資信託,物販,仮想通貨投資など、さまざまなことに挑む。
少額ながら、株式と仮想通貨で数十万円の利益を得る。
また、金融やお金に関する本など、年間100冊以上読破。
その経験を活かし、ブログで発信している。

  • この記事を書いた人

こうわ

お金の心配をなくして会社・学校から解放されるための知識を発信|旧帝理系→ブラック研究室→休学中|ブログ120記事以上|20歳から投資開始|ほったらかし投資で利益20万円越え|金融やお金に関する本を年間100冊以上読破。

-DeFi, 仮想通貨
-, , ,